本文へスキップ
HOME 労福協とは 活動報告・美術展 地域地区活動 労福協だより 福祉事業団体 たすけあいの森 リンク  
活動報告
最近の活動の中から
    第12回ロッキー奨学金授与式

7月27日、ALWFロッキーセンター会議室で第12回ロッキー奨学金の授与式が行われました。今回の授与式では静岡大学、静岡県立大学、静岡文化芸術大学の9名の学生に奨学金を授与しました。
県労福協池冨理事長から「奨学金が皆さんの目標達成のための一助になって欲しい」と挨拶を行いました。各大学の代表が「実習に必要な準備費としてかつようする」「大学で学んだ事を社会に還元したい」と謝辞をのべました。
   第56回定時社員総会が開催される

6月5日、第56回定時社員総会がクーポール会館で開催されました。34名の代議員が出席し、全ての議案が満場一致で承認されました。2018年度は労働者自主福祉運動の理解者と福祉事業団体の利用増加を図り、運動の裾野を広げる取り組みを地域・地区労福協における活動を柱に展開することが承認されました。
   第68回勤労者総合美術展

第68回静岡県勤労者総合美術展が4月11日から4月15日の5日間にわたりグランシップ展示ギャラリーで開催されました。今回は、県下各地から236点の出品をいただき、期間中の入場者は350名弱で、多くの方に感動を与えて、盛況の内に閉会しました。
    2018年新春賀詞交歓会

県労福協、連合静岡共催でホテルセンチュリーで2018年新春賀詞交歓会が開催されました。県労福協の池冨理事長は「県労福協は労働者の福祉要求を通じて、労働者家族の生活向上と安定をはかり、真に平和で豊かな暮らしを保障する社会を創るために活動している。現在『生活底上げ・共助拡大キャンペーン』を取組んでいる。県労福協はNPOなど志を同じくする個人、団体が力を合わせ、手を繋ぎ大きな輪をつくり、社会的参加を深めるため、暮らしの総合支援を行っていきたい」と挨拶をしました。
   
生活底上げ・共助拡大キャンペーン

県労福協は格差社会への警鐘及び可処分所得の向上に資する運動の展開するために生活底上げ・共助拡大キャンペーンの実施し、生活改善に向けて行動しています。12月13日には県中部の地域・地区労福協とともに街宣活動を行いました。
   第11回ロッキー奨学金授与式

11月20日、ALWFロッキーセンター会議室で第11回ロッキー奨学金の授与式が行われました。今回の授与式では県内の5大学から推薦を受け、成績優秀な方14名に奨学金を授与しました。
県労福協池冨理事長から「しっかり勉強して夢をかなえ、家族、地域へ恩返しするためにも勉学に励んで欲しい。」と挨拶を行いました
活動報告と予定はこちらで確認できます。
第68回静岡県勤労者総合美術展 (金賞・銀賞受賞作品)
勤労者総合美術展大賞 静岡県知事賞  静岡市長賞

Fancy composition
井原 正夫 様


一斗缶のブリキによる戦車
大石 金巳 様
   

2017 神田川昇り
横塚 晋一 様 

労福協理事長賞 連合静岡会長賞 労働金庫理事長賞
 

高啓詩
西岡 文枝  様
 

シャボン玉とんだ
高山 吉直 様
 

風になりたい
小嶋 久江 様
 全労済静岡推進本部長賞  県生協連会長賞  福祉基金協会理事長賞
 
火の見櫓の情景
山本 悦司 様

 
真昼の夢
大石 富美枝 様

 

森の中へ
佐藤 雅之 様

勤労者信用基金協会理事長賞  年金福祉協会理事長賞 ユニオントラベル社長賞
 

形たちの街
山田 弘司 様
 

修善寺・風景
大石 廉一 様

 
至福の時
松ヶ下 孝平 様
グランシップ6F展示ギャラリーでの展示
 
今年も多くの感動をありがとうございました。 



活動報告

日常の出来事は、
県労福協のブログ
をご覧ください


    県労福協 ブログ    
 「こちら黒金
町4階です」



勤労者
美術展


静岡県労福協は
県より補助金を受
け、勤労者総合
美術展を毎年開
催します


 
PDF募集
チラシ


第68回美術
展募集要項